釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター 末次 広和

末次 広和OFFSHORE Field Tester

1 / 212

秋のヒラマサキャスティング釣行2019.12.03掲載

今回は呼子のサンライズさんにお世話になり、

秋のキャスティングゲーム。玄界灘のヒラマサを狙ってきました。

今回のタックルセッティングはキャスティングロッド3機種に

オッズポート8~10号をそれぞれにセットしました。

メインで使用したタックルはEX865HF(プロトタイプ)とEX826HF(プロトタイプ)の2本。

EX865HF(プロトタイプ)にオッズポート8号とリーダーはキャストマンT-PⅢアブソーバー110 lb.をセットし、
EX826HF(プロトタイプ)にはオッズポート10号にリーダーはキャストマンT-PⅢアブソーバー130 lb.+
キャストマンアブソーバー270lb. (先糸40㎝)の組み合わせで秋のヒラマサに挑みました。

1日目、昼頃の時合に合わせ出船しました。ポイントに到着し様子を見ながらヒラマサの反応を探っていきました。
昼前頃からシイラナブラが出始めヒラマサの活性が上がり始めました。私のキャスト範囲でナブラが起きヒットしました。

オッズポート8号にて14.1キロのヒラマサをキャッチ。

続いてもシイラナブラでヒット。オッズポート10号にて15.2キロのヒラマサをキャッチ出来ました。

2日目、夜明け前からシイラを追ってヒラマサのナブラが起きました。同船者に良型のヒラマサがヒット。
ヒラマサの活性が一旦落ち着いた後、潮が変わりポイントを少し移動。
2流し目でヒラマサがプラグへ激しくバイトしました。
オッズポート8号にて19.6キロのヒラマサをキャッチ。

前日と同じく昼頃から広範囲にシイラナブラが起き、11.3キロのヒラマサを追加。

キャッチ&リリースして終了となりました。

田代船長、2日間の釣行ありがとうございました!

画像提供:サンライズ・田代船長

タックルデータTACKLE DATE
■キャスティングタックル

ロッド:EX865HF(プロトタイプ)
リール:ステラSW14000XG
PE:YGK オッズポート8号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー110lb.
初期ドラグテンション:12キロ
プラグ:パドルベイト220
フック:BONDAGE HOOK 11/0×11/0

ロッド:EX826HF(プロトタイプ)
リール:ステラSW18000HG
PE:YGK オッズポート10号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー 130 lb.+
キャストマンアブソーバー270lb. (40㎝)
初期ドラグテンション:15キロ
プラグ:ダイブベイト240
フック:STX-68 4/0

ロッド:EX837PLUS(プロトタイプ)
リール:ステラSW18000HG
PE:YGK オッズポート10号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー 130 lb. +
キャストマンアブソーバー270lb.(40㎝)
初期ドラグテンション:15キロ
プラグ:パドルベイト240
フック:BONDAGE HOOK 13/0×13/0

画像② 画像③ 画像④ 画像⑤ 画像⑥ 画像⑦ 画像⑧ 画像⑨ 画像⑩ 画像⑪

春のヒラマサジギング釣行2019.05.09掲載

今回は上五島エリアで春のヒラマサをジギングで狙ってきました。
お世話になったのは平戸の一栄丸さん。
今回使用したラインはオッズポート2.5号+FCウルトラアブソーバーアンフィニ スリム&ストロング41lb.の
組み合わせとオッズポート5号+FCウルトラアブソーバーアンフィニ100 lb.の組み合わせ。
ジグはロングタイプ、ショートタイプを使用しヒラマサの反応を探って行きました。
今春のヒラマサの状況はあまり良くなく、この日も昼頃まで活性が上がらずポツポツとヒットする感じでした。
昼過ぎから少し活性が上がり、この時反応の良かったショートタイプのジグを使用し良型がヒット。
ドラグを出しながらのファイトを行い12.5キロのヒラマサをキャッチ出来ました。
この時使用したPEラインはオッズポート2.5号でドラグテンションは直線で5.8キロに設定しました。
次に入ったポイントは水深40~50メートルのエリア。
ここでは手返しを考えロングタイプのジグを使用し、斜め引きでヒラマサを狙って行きました。
1流し目から良型のヒラマサがヒット。14.5キロのヒラマサをキャッチ。
次の流しでも良いサイズがヒットしましたがフックアウトしました。4流し目に10.8キロのヒラマサを追加出来ました。
この時使用したPEラインはオッズポート5号でドラグテンションを直線で11キロに設定しファイトを行いました。
今回はオッズポート2.5号と5号を使用しましたが、どちらも不安なくファイト出来ました。

忠史船長、今回もありがとうございました!
画像提供:一栄丸・ターボ船長

タックルデータTACKLE DATE
■ジギングタックル
ロッド:DT642PS(プロト)
PE:YGK オッズポート2.5号 
リール:ステラSW8000HG
リーダー:FCウルトラアブソーバーアンフィニ スリム&ストロング41lb.
ドラグテンション:5.8キロ(直線時)
ジグ:GUTTER JIG F 210g  GUTTER JIG SLIM 180g
フック:ジガーミディアム チェイス 7/0

ロッド:DT672PS(プロト)
PE:YGK オッズポート5号 
リール:ステラSW8000HG
リーダー:FCウルトラアブソーバーアンフィニ100 lb.
ドラグテンション:11キロ(テスト負荷)
ジグ:GUTTER JIG SLIM 210g GUTTER JIG 250g
フック:Spider hook size L

画像② 画像③ 画像④ 画像⑤ 画像⑥ 画像⑦

玄界灘の鰤ジギング釣行2019.02.09掲載

呼子のサンライズさんにお世話になり、玄界灘の鰤ジギングへ行って来ました。
今回はPEラインにオッズポート1.5号を使用してのライトラインジギングをメインに鰤を狙いました。
この日は風もなく、ドテラ流しでもラインの角度が斜めになりにくい状況でした。
130メートル前後の水深を流してもらい、56キロクラスのヒットが続きました。
早巻きからストップ・ジャークのテンポで誘って行き、ジグのスピードが変化した時にヒットが集中しました。
ヒット直前の変化もオッズポート1.5号とラインが細い事により分かり易く、
アクションを変化させるタイミングが掴み易かったです。
時合になり良いサイズがヒット。ドラグテンションを直線で2.5キロに設定し
脇挟みとロッドを立てたファイトを行いました。
10.1キロの鰤をキャッチ出来ました。ノットを組み直し、
次の投入でも良型がヒットしました。10.5キロの鰤をキャッチ。
今回もオッズポートで安心してファイト出来ました。
引き続き、オッズポートシリーズにてライトラインジギングを試して行きます。
 
田代船長、2日間ありがとうございました!
画像提供:サンライズさん
タックルデータTACKLE DATE
■ジギングタックル
ロッド:試作ジギングロッド 1パワークラス(プロト)
リール:ステラSW8000HG
PE:YGK オッズポート1.5号
リーダー:ナスリー Nウォーカー ドレッドライン 20lb.
ドラグテンション:2.5キロ(直線時)/45°アングル 約3.2キロ
ジグ:GUTTER JIG FAT 210g・BUNCHIN1.2 210g
フック:ジガーミディアム チェイス 7/0
 
ロッド:試作ジギングロッド 2パワークラス(プロト)
リール:ステラSW8000HG
PE:YGK オッズポート2.5号
リーダー:FCアブソーバーアンフィニ スリム&ストロング 41 lb.
ドラグテンション:5キロ(直線時)/45°アングル 約6.5キロ
ジグ:BUNCHIN1.2 210g
フック:ジガーミディアム チェイス 7/0
 
ロッド:NS61ZERO-3(プロト)
リール:ソルティガ4500H
PE:YGK オッズポート1号
リーダー:ナスリー Nウォーカー ドレッドライン20 lb.
ドラグテンション:2.3キロ(直線時)/45°アングル 約3.0キロ
ジグ:BUNCHIN1.2 210g
フック:ジガーミディアム チェイス 7/0

画像② 画像③ 画像④ 画像⑤ 画像⑥

サンライズ・ヒラマサ釣行レポート2019.01.07掲載

2018年12月 サンライズ・年末のヒラマサキャスティング釣行レポートです。
 
年末のヒラマサキャスティング釣行
 
今回は呼子のサンライズさんにお世話になり、
キャスティングでヒラマサを狙ってきました。
今回のタックルセッティングは試作キャスティングロッド4機種に
オッズポート4~10号をそれぞれにセットしました。
メインで使用したタックルは5と6パワークラスのキャスティングロッド。
5パワークラスにオッズポート8号とリーダーはキャストマンT-PⅢアブソーバー110 lb.をセットし、
6パワークラスのロッドにはオッズポート10号にリーダーはキャストマンT-PⅢアブソーバー130 lb.の
組み合わせで冬のヒラマサに挑みました。
一日目は、波のある中での釣行となり各ポイントを回ってもらいましたが、
ヒラマサとのコンタクトが少なく僅かな時合でキャッチ出来た10.8キロのヒラマサ。
この時使用したラインはオッズポート8号とリーダー・キャストマンT-PⅢアブソーバー110 lb.の組み合わせでした。
同船者も良型のヒラマサをキャッチされました。
今釣行は全体的に厳しい状況でしたが、同船の方々が23キロと32キロのヒラマサをキャッチし素晴らしい年末の釣行となりました。
 
田代船長、2日間の釣行ありがとうございました!
画像提供:サンライズ・田代船長

タックルデータTACKLE DATE
■キャスティングタックル
ロッド:試作キャスティングロッド 4パワークラス
リール:ステラSW8000HG
PE:YGK オッズポート4号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー60 lb.
初期ドラグテンション:6.5キロ
プラグ:パドルベイト165
フック:BONDAGE HOOK 9/0×7/0

ロッド:試作キャスティングロッド 5パワークラス
リール:ステラSW14000XG
PE:YGK オッズポート8号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー110lb.
初期ドラグテンション:12キロ
プラグ:パドルベイト220
フック:BONDAGE HOOK 11/0×11/0

ロッド:試作キャスティングロッド 6パワークラス
リール:ステラSW18000HG
PE:YGK オッズポート10号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー 130 lb.
初期ドラグテンション:15キロ
プラグ:ダイブベイト240
フック:ST-66 4/0

ロッド:試作キャスティングロッド 7パワークラス
リール:ステラSW18000HG
PE:YGK オッズポート10号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー 130 lb.
初期ドラグテンション:15キロ
プラグ:パドルベイト
フック:BONDAGE HOOK 13/0×13/0

画像② 画像④ 画像③ 画像⑤

秋のヒラマサキャスティング釣行2018.11.05掲載

今回は呼子のサンライズさんにお世話になり、
秋のヒラマサをキャスティングで狙ってきました。
 
今回のタックルセッティングは試作キャスティングロッド4機種にオッズポート4~10号をそれぞれにセットしました。
メインで使用したタックルは5と7パワークラスのキャスティングロッド。
5パワークラスにオッズポート8号とリーダーはキャストマンT-PⅢアブソーバー110 lb.をセットし、7パワークラスのロッドにはオッズポート10号にリーダーはキャストマンT-PⅢアブソーバー130 lb.の組み合わせで秋のヒラマサに挑みました。
始めのポイントではバイトはなく、この日の本命ポイントへ入りヒラマサの反応を探りました。
流し始めてしばらくして大きなバイトがありましたが、フッキングせず次のキャストで8キロクラスのヒラマサをキャッチ出来ました。
このポイントでは10キロ程のヒラマサを頭に数本キャッチし、ポイントを移動。
ポイント毎に大きなバイトはありましたが、ヒットに至らず初日は終了。
2日目、この日も前日に入ったポイントから探って行き、同船者が14キロのヒラマサをキャッチ。
活性が上がると5~8キロクラスのヒラマサが同時に複数キャッチされました。
活性が落ち着くと同時にポイントを大きく移動。
次に入ったポイントではキャスト開始から高活性なヒラマサのバイトが続き、この流しで16.6キロのヒラマサをキャッチ出来ました。
この時使用したラインはオッズポート10号にリーダーはキャストマンT-PⅢアブソーバー130 lb.をセット。
初期ドラグ負荷を15キロに設定してファイトしました。
同じタイミングで16.3キロのヒラマサもキャッチされました。
最後に入ったポイントで同船者が良型のヒラマサをキャッチし今回の釣行は終了となりました。
 
田代船長、2日間の釣行ありがとうございました!
画像提供:サンライズ・田代船長

タックルデータTACKLE DATE
■キャスティングタックル
ロッド:試作キャスティングロッド 4パワークラス
リール:ステラSW8000HG
PE:YGK オッズポート4号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー60 lb.
初期ドラグテンション:6.5キロ
プラグ:パドルベイト165
フック:BONDAGE HOOK 9/0×7/0

ロッド:試作キャスティングロッド 5パワークラス
リール:ステラSW14000XG
PE:YGK オッズポート8号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー110lb.
初期ドラグテンション:12キロ
プラグ:パドルベイト220
フック:BONDAGE HOOK 11/0×11/0

ロッド:試作キャスティングロッド 7パワークラス
リール:ステラSW18000HG
PE:YGK オッズポート10号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー 130 lb.
初期ドラグテンション:15キロ
プラグ:ダイブベイト240
フック:ST-66 4/0

ロッド:EX818CTR(プロト)
リール:ステラSW18000HG
PE:YGK オッズポート10号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー 130 lb.
初期ドラグテンション:15キロ
プラグ:パドルベイト240
フック:BONDAGE HOOK 13/0×13/0

画像② 画像③ 画像④ 画像⑤ 画像⑥ 画像⑦

酷暑の種子島GT釣行2018.08.06掲載

今回は種子島のGTとカンパチを狙ってきました。
お世話になったのは南種子町にあるLIFE FISHING GUIDE SERVICEさん。
1日目はジギングメインでカンパチがポツポツと当たりました。
PEはオッズポート2.5号を使用しました。水深110メートル前後でしたが、
柔らかいライトパワーのロッドとの組み合わせでも扱い易く感じました。
2日目は朝一からGTを狙いました。
まずは小型のGTがヒット。オッズポート8号を使用してドラグテンションを12キロ程に設定しキャッチ出来ました。
この後に良型のヒットがありましたが、キャッチ出来ずこの日は終了となりました。
3日目も朝からGT狙い。この日は台風の影響でうねりが入り少し釣り難い状況でした。
ちょうど良い時間帯にGTが派手にバイトしてきました。
この時使用したPEはオッズポート10号、初期ドラグテンションを15キロに設定。
少しラインを出されたのでドラグを締めファイトを行いました。
ドラグを締めてからはラインも出されずランディング成功。
32キロのGTをキャッチ出来ました。
ドラグ値は17~18キロ程になっていたと思いますが、オッズポート10号で安心してファイト出来ました。
最終日は台風の影響で中止となりました。皆さん眠そうな顔で朝食へ。

克也船長、4日間お世話になりました。
暑い中、ありがとうございました!
画像提供:LIFE FISHING GUIDE SERVICE 南海・克也船長

MC works’ 末次

タックルデータTACKLE DATE
■ジギングタックル
ロッド:NS63ZERO-1(プロト)
リール:ステラSW8000HG
PE:YGK オッズポート2.5号 
リーダー:FCアブソーバーアンフィニ スリム&ストロング45 lb. 
ドラグテンション:4キロ(直線時)/45°アングル 約5.2キロ(テスト負荷)
ジグ:BUNCHIN 1.2 270g
フック:オーナーばり社・ジガーミディアム7/0

■キャスティングタックル
ロッド:BWH-82SPG
リール:ステラSW14000XG
PE:YGK オッズポート8号 
リーダー:キャストマンT.PⅢアブソーバー 130lb.+150lb.
初期ドラグテンション:12キロ
プラグ:ダイブベイト240
フック:BONDAGE HOOK 13/0×13/0

ロッド:試作キャスティングロッド7パワークラス(仮)
リール:ステラSW18000HG
PE:YGK オッズポート10号 
リーダー:キャストマンT.PⅢアブソーバー 130lb.+150lb.
初期ドラグテンション:15キロ
プラグ:ダイブベイト270
フック:BONDAGE HOOK 13/0×13/0

ロッド:試作キャスティングロッド 8パワークラス(仮)
リール:ステラSW18000HG
PE:YGK オッズポート10号 
リーダー:キャストマンT.PⅢアブソーバー 130lb.+150lb.
初期ドラグテンション:15キロ
プラグ:パドルベイト240
フック:BONDAGE HOOK 13/0×13/0

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8

サンライズ・春のヒラマサキャスティング釣行2018.05.07掲載

春のヒラマサをキャスティングで狙ってきました。
お世話になったのは呼子のサンライズさん。
 
今回のタックルセッティングは試作キャスティングロッド4機種に
オッズポート4~10号をそれぞれにセットしました。
メインで使用したタックルは6、7パワークラスのキャスティングロッド。
PEはオッズポート10号にリーダーはキャストマンアブソーバー170lb.の組み合わせで、
初期ドラグテンションを15キロ程に設定しました。
試作キャスティングロッド6パワークラス+オッズポート10号のタックルにヒット。
ドラグテンションを上げたファイトで13.5キロのヒラマサをキャッチ。
同じく、試作キャスティングロッド6パワークラスにヒットしました。
ドラグ負荷15キロ程でしたが、オッズポート10号を使用し安心してファイト出来ました。
16.2キロのヒラマサをキャッチ。
続いて、試作キャスティングロッド7パワークラスとオッズポート10号にて
ヒラマサ17.9キロをキャッチ出来ました。
こちらもドラグ負荷は15キロ程に設定してファイトを行いました。
 
この日は、同船のお二方に20キロオーバーのヒラマサが飛び出し
笑いあり、感動ありの釣行でした。
 
田代船長、早朝からありがとうございました!
画像提供:サンライズ・田代船長

MC works’ 末次

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:試作キャスティングロッド 4パワークラス(仮)
リール:ステラSW8000HG
PE:YGK オッズポート4号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー60 lb.
初期ドラグテンション:6.5キロ
プラグ:パドルベイト165
フック:BONDAGE HOOK 9/0×7/0

ロッド:試作キャスティングロッド 5パワークラス(仮)
リール:ステラSW14000XG
PE:YGK オッズポート8号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー110lb.
初期ドラグテンション:12キロ
プラグ:パドルベイト190
フック:BONDAGE HOOK 9/0×9/0

ロッド:試作キャスティングロッド 6パワークラス(仮)
リール:ステラSW18000HG
PE:YGK オッズポート10号 
リーダー:キャストマンアブソーバー 170 lb.
初期ドラグテンション:15キロ
プラグ:ダイブベイト210
フック:BONDAGE HOOK 11/0×11/0

ロッド:試作キャスティングロッド 7パワークラス(仮)
リール:ステラSW18000HG
PE:YGK オッズポート10号 
リーダー:キャストマンアブソーバー 170 lb.
初期ドラグテンション:15キロ
プラグ:ダイブベイト240
フック:BONDAGE HOOK 13/0×13/0

画像②画像③画像④画像⑤画像⑥画像⑦画像⑧画像⑨

春のヒラマサキャスティング釣行 その②2018.05.07掲載

キャスティングで春のヒラマサを狙ってきました。
お世話になったのは平戸の一栄丸さん。
 
昼過ぎまでジギングでヒラマサを狙い、夕マズメにポイントを変え
キャスティングでヒラマサを狙いました。
到着して間もなく、あちこちでナブラが起こっていました。
しかし、ベイトが小さくプラグに反応しない。
タックルを変え、試作キャスティングロッド4パワークラスに
オッズポート4号のセッティングでアプローチ。
初期ドラグテンションは6.5キロに設定しました。
プラグはローカルスタンダード・パドルベイト165に大型のヒットも想定して
アシストシングルフックBONDAGE HOOK#9/0と#7/0を装着。
遠投し少し速いリトリーブでアクションを加えると、ヒットしてきました。
水深27メートルでのヒットでしたが、走らせながらのファイトを行いました。
最後はあまり抵抗せずランディングに成功。
試作ロッド4パワークラスとオッズポート4号にて
14.2キロのヒラマサをキャッチ出来ました。
 
忠史船長、今回もありがとうございました!
画像提供:一栄丸・ターボ船長

MC works’ 末次

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:試作キャスティングロッド 4パワークラス(仮)
リール:ステラSW8000HG
PE:YGK オッズポート4号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー60 lb.
初期ドラグテンション:6.5キロ
プラグ:パドルベイト165
フック:BONDAGE HOOK 9/0×7/0

試作キャスティングロッド 5パワークラス(仮)
リール:ステラSW14000XG
PE:YGK オッズポート8号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー110lb.
初期ドラグテンション:12キロ
プラグ:ダイブベイト190
フック:BONDAGE HOOK 11/0×9/0

試作キャスティングロッド 7パワークラス(仮)
リール:ステラSW18000HG
PE:YGK オッズポート10号 
リーダー:キャストマンアブソーバー 170 lb.
初期ドラグテンション:15キロ
プラグ:ダイブベイト210
フック:BONDAGE HOOK 11/0×11/0

画像②画像③画像④画像⑤

春のヒラマサジギング釣行 その①2018.05.07掲載

今回は春のヒラマサをジギングで狙ってきました。
お世話になったのは平戸の一栄丸さん。
タックルはテスト中のNARROW STINGERシリーズ3機種に
DE672LRを使い分けました。
NARROW STINGERシリーズにはオッズポート1~1.5号を使用した
ライトラインジギングを試してみました。
大型の可能性のあるポイントではDE672LRにオッズポート5号のセッティングで挑みました。
まずはライトラインジギングでキャッチ。
NS61ZERO-3(プロト)+オッズポート1号にて7キロクラスのヒラマサをキャッチ。
DE672LR+オッズポート5号タックルに良いサイズがヒットしました。
ドラグテンションは11キロに設定していましたが、数メートル程ラインを出されました。
ロッドの角度を調整しながらロッドを立てたファイトと脇挟みファイトを交互に行い無事にキャッチ。
15.7キロのヒラマサでした。
この他に、オッズポート5号+FCウルトラアブソーバーアンフィニ100 lb.にて
ヒラマサ10.4キロ、9キロ等を釣らせて頂きました。
 
忠史船長、遅くまでありがとうございました!
画像提供:一栄丸・ターボ船長

MC works’ 末次

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:NS63ZERO-1(プロト)
リール:ステラSW8000HG
PE:YGK オッズポート1.5号 
リーダー:ナスリー Nウォーカー ドレッドライン20 lb.
ドラグテンション:2.5キロ(直線時)/45°アングル 約3.2キロ
ジグ:GUTTER JIG SLIM180g
フック:Spider hook size M

ロッド:NS62ZERO-2(プロト)
リール:ソルティガ4500H
PE:YGK オッズポート1号 
リーダー:ナスリー Nウォーカー ドレッドライン20 lb.
ドラグテンション:2.3キロ(直線時)/45°アングル 約3.0キロ
ジグ:BUNCHIN1.2 180g
フック:Spider hook size M

ロッド:NS61ZERO-3(プロト)
リール:ソルティガ4000H
PE:YGK オッズポート1号
リーダー:ナスリー Nウォーカー ドレッドライン20 lb.
ドラグテンション:2.3キロ(直線時)/45°アングル 約3.0キロ
ジグ:GUTTER JIG SLIM150g
フック:Spider hook size M

ロッド:DE672LR
PE:YGK オッズポート5号 
リール:ステラSW8000HG
リーダー:FCウルトラアブソーバーアンフィニ100 lb.
ドラグテンション:11キロ(テスト負荷)
ジグ:GUTTER JIG 250g
フック:Spider hook size L

画像②画像③画像④画像⑤画像⑥画像⑦画像⑧

ライトライン鰤ジギング釣行2018.02.21掲載

2018年最初のジギング釣行は昨年末に続き、ライトラインを使用した玄界灘の鰤ジギングへ行って来ました。
平戸の一栄丸さんにお世話になりました。
 
今回はPEライン・オッズポート1号をセットしたタックルを中心にジギングを行いました。
NS62ZERO-2(プロト)・NS61ZERO-3(プロト)にオッズポート1号、ドラグテンションは直線で2.3キロに設定。
この日は120~130メートルラインのやや水深のあるポイントを流してもらいました。
まずはNS62ZERO-2(プロト)でのヒット。オッズポート1号で8キロサイズをキャッチ。
NS62ZERO-2(プロト)+オッズポート1号に良型がヒット。130メートルラインでもしっかりとフッキングに成功。
鰤の動きが止まった時はロッドをベンドさせファイトを行いました。
NS62ZERO-2(プロト)+オッズポート1号にて10.6キロの鰤をキャッチ。
ラインの出入りが激しい細い号数のPEでもオッズポートは安心してファイト出来ました。
 
引き続き、ライトラインジギングを試して行きます。
 
忠史船長、今回も遅くまでありがとうございました!
画像提供:一栄丸さん

タックルデータTACKLE DATE
■ジギングタックル
ロッド:NS62ZERO-2(プロト)
リール:ステラSW8000HG
PE:YGK オッズポート1号
リーダー:ナスリー Nウォーカー ドレッドライン 20lb.
ドラグテンション:2.3キロ(直線時)/45°アングル 約3.0キロ
ジグ:BUNCHIN1.2 210g
Spider hook:size M

ロッド:NS61ZERO-3(プロト)
リール:ソルティガ4000H
PE:YGK オッズポート1号
リーダー:ナスリー Nウォーカー ドレッドライン20 lb.
ドラグテンション:2.3キロ(直線時)/45°アングル 約3.0キロ
ジグ:GUTTER JIG SLIM210g  BUNCHIN1.2 210g
Spider hook:size M

画像①画像② 画像④画像⑤   画像⑥

1 / 212