チーム剛樹 弦巻海謙氏 | 釣り糸 | フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > チーム剛樹 > チーム剛樹 弦巻海謙氏

チーム剛樹YGK-UOYA 沖釣 Field Tester

チーム剛樹 弦巻海謙氏2021.10.21掲載

10月 相模湾コマセキハダ釣行

シーズン後半になり大型キハダ釣果が上向き
満を持して相模湾コマセキハダに挑戦。
仕掛けはフロロカーボンハリス26号にオキアミ1匹掛け
当日は船中で活発にアタリがあり手返しよく攻める事で
ヒットに繋げる事ができました。
仕掛け投入後、指示ダナでコマセを撒き1分ほどでヒットする
のが当日のパターンでした。
オキアミは2匹掛けより1匹丸掛けが良く当たっていました。
当日の指示ダナは45~50m付近でソナーで確認すると
右前にずっと反応があり船のコマセにキハダがついていて
舟の下を出たり入ったりを繰り返している状態でした。
後日、相模湾コマセキハダ釣行でも大型をキャッチでき
手返しとタックルの重要性を再認識しました。
使用ラインはXBRAIDOMUNIUMX8 10号
ハリスは黒潮牧場26号
メインラインであるXBRAID OMUNIUMX8はハリ、コシがあり
毛羽立ちもなく抜群の使用感でした。

チーム剛樹 弦巻海謙 キハダ➁ チーム剛樹 弦巻海謙 キハダ③