東京湾口サワラキャスティングゲーム | 釣り糸 | フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > 吉澤 竜郎 > 東京湾口サワラキャスティングゲーム

吉澤 竜郎

東京湾口サワラキャスティングゲーム2021.03.09掲載

今年の東京湾口のサワラゲームは例年に比べるとシーズンが長いと言われており、東京湾内から三浦半島の遊漁船と盛り上がりを見せております。

私も9日間の間に5日間とかなりの高頻度で出かけて来ましたのでレポートします。

東京湾では秋の恒例行事となった湾奥のサワラキャスティングゲームだけでなく、春先の湾口でもサワラのキャスティングゲームが楽しめます。むしろ湾口のキャスティングゲームの方が歴史も深く東京湾のサワラゲームと言えば元々はこの春先の釣りがメインでした。

【秋と春との違い】
秋の湾奥で釣れていた魚に比べると春の魚は活性の上がり下がりを激しく感じます。

秋の魚に比べると活性が高い時間はハミ(魚が餌を食べている所)に入れればかなりの確立でバイトを得られる半面、跳ねやハミが無い時間は魚探に反応が出ていても中々喰わせる事は出来ませんでした。

秋の魚は跳ねがなくとも魚探反応がある場所でミノーのジャーキングで誘い出す事が可能でしたが、春の魚は跳ねがない時間はベイトと共にボトム付近にいる時間が長く水深も春のポイントより深いためミノーぐらいでは気づいてもらえず捕食スイッチを入れることは難しく感じました。だからと言ってジギングで積極的に喰うかと言えばそうでもなく、跳ね待ちという時間を多く過ごしました。

【狙い方】
ベイトを水面へ持ち上げた時の活性は一際高く、魚の跳ねる向きをしっかりと見極めてルアーを投げ込めばかなりイージーに食わせる事が出来ました。また一度跳ね出せば魚が上を意識しており、跳ねが止まったように見えてもミノーのジャーキングアクションで再度魚を引き出すことが可能でした。ここは秋の魚と大差を感じませんでした。(魚探反応も跳ねの無い時間とは様変わりしてました。)

まずはルアーをちゃんと投げるべき場所、コースに投げる事が大切ですが、跳ねが終わったあとの誘い出しはルアーと使い手の腕の見せ所です。

活性が高いといえどもちょっと魚が沈むとルアーのアクションや姿勢を良く見て選んで食っているようです。私は秋同様Blooowin!140Sとこの春発売予定のBlooowin!140Jで誘い出しましたが、他で掛けられないタイミングで誘い出せる強さがBlooowin!にはありますので是非、手に入れて使ってみて下さい。

シーズンが長いと言われていてもいつ終わるのか判らない東京湾口のサワラゲーム。是非、このチャンスにチャレンジ、次回チャンスへの参考にしてみてください。

この時期のサワラはバターサワラとも言われるほど脂も乗っており食べても最高です!

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:APIA Foojin’AD ナチュラルセブン、BlueBlueプロトモデル76
リール:APIA VENTURA 3012、ステラ4000XG
ハンドルノブ:SOM AC30
ライン:ガリス ウルトラWX8 GesoX 1号 
XBRAID UPGRADE X8 PENTAGRAM 1.5号
リーダー:XBRAID CASTMAN ABSORBER 10号 35lb
ルアー:BlueBlue Blooowin!140S,Blooowin!140J 

小型船・チャーターボートなどの場合は1.5号前後のライトタックルでチャレンジ可能ですがファイトスピードが求められる大型船の場合PE2号以上の少し強いタックルを推奨します。船宿事に推奨タックルが異なる場合がありますので事前に船宿へお問い合わせください。

40864 40866 40867 40868 40870 40871 40875 40945 40946