2020年 東京湾 冬タチスタート! | 釣り糸 | フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > 吉澤 竜郎 > 2020年 東京湾 冬タチスタート!

吉澤 竜郎

2020年 東京湾 冬タチスタート!2021.01.28掲載

年末の慌ただしい季節を迎えました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

この時期になると釣り納めはどうする?初釣りはどうする?と、正月休みの予定を練っている方も多いと思います。

そんな釣りモノに悩まれている方にオススメなのが『東京湾のタチウオジギング』ゲームです。私の場合は、年間の半分くらい東京湾でタチウオを追いかけているわけですが、釣り味と食味のどちらも満たしてくれるのが冬タチと呼ばれる今時期の魚です。

 

タチウオは年間を通して3~4回の産卵期があるのですが、低水温となるこの時期だけは生殖腺が発達せずに接餌で得たエネルギーを体に蓄える(すなわち脂が乗る)時期です。コンディションとしてもっとも良い時期で引きも良く、もっとも釣って楽しいのがこの時期なのです。

 

さて、現在の東京湾の冬タチの状況はというと魚は南へ向けて移動している最中と言えるでしょう。

 

今年も夏から秋にかけて浅場、いわゆる湾奥と呼ばれる千葉、浦安方面に散り散りになっていた魚は羽田、海ほたるを通り抜け横浜、横須賀方面へと下ってきているようです。

 

そのため現在、狙う水深は群ごとに異なります。

水深20m台の浅場から40m台、70m台と異なっています。

 

ここの所2回出た様子から見るとどこのポイントも基本的には底から15m前後に魚がステイしている状況が多く、底付近でのアタリが多く見受けられます。

 

私は縦方向の誘い上げで反応が良いときはフォルテンミディアムの120、150gを多用し、フォールバイトが多い時はスピンビットの120g、150gを多用するのが今時期の釣り方です。

 

ただ、前回40mのポイントで効果的だったパターンは魚のステイする15mよりも10m以上誘い上げて食わせるパターンで大型サイズが連発しました。

 

これは魚が少し浮いているというよりは遊泳能力の高い大型魚をステイしているボトム15mから誘い出して引き抜いてきていると思われます。 魚探反応よりもさらに上まで誘うという効率が良い釣りでは無いかもしれませんが、釣りたいのは大型の魚、いや大型を釣ったときの感動を得たいのです。 数釣りからはちょっと離れるところありますが、あえてレンジを外してみると良いことあるかも知れません。

是非、お試しください。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:BlueBlue BlackKnuckle Light sensitive 660プロトモデル

リール:シマノ オシアコンクエスト201PG

ハンドル:SOM NO LIMITS AG37Cb

メインライン:ウルトラダイニーマ 1号

リーダー:ガリス キャストマンアブソーバー10号

 

オールラウンドタックル

ロッド:BlueBlue BlackKnuckle Light sensitive 631

リール:シマノ 炎月101HG

ハンドル:SOM NO LIMITS AC33/C60Kb

メインライン:XBRAID OHDRAGON(オードラゴン) WX4F-1 SS140 5カラード 1号

リーダー:ガリス キャストマンアブソーバー10号

 

ロッド:BlueBlue BlackKnuckle Light sensitive 662

リール:シマノ グラップラー151HGハンドル:SOM NO LIMITS AG37Ca

メインライン:XBRAID OHDRAGON(オードラゴン) WX4F-1 SS140 5カラード 1号

リーダー:ガリス キャストマンアブソーバー 10号(2ヒロ)

image002 image003 image004 image005 image007 image008