6月20日、久しぶりにホームである明石の魚英さんへ行ってきました。 | 釣り糸 | フィッシングラインの総合メーカー YGK

【購入時のご注意】
*誠に恐れいりますが、8月16日まで夏季休業を頂いております。 上記期間中のご注文・お問い合わせは8月17日以降の確認とさせて頂きます。
*/
HOME > フィールドテスター > 小野 誠 > 6月20日、久しぶりにホームである明石の魚英さんへ行ってきました。

小野 誠

6月20日、久しぶりにホームである明石の魚英さんへ行ってきました。2020.06.26掲載

現在の明石沖はハマチが釣れているとの情報で、潮止まりにはタコ釣りをしているとの事。

早めに港に向かい船長に状況を聞くと、特に変わった事はせずショートでもセミロングでもしっかりワンピッチでヒットするとの事。ベイトはシラスや小型のイワシ、イカなど日によってバラバラ。

典型的な初夏のパターンかなとステイ130.160gをメインにスタート。

船長のアドバイスのおかげで底からのワンピッチで面白いようにヒットが続いた。

コツはスローからミディアムのスピードで毎回ジグを横向きに置く感覚でのワンピッチ。

ジグを置くタイミングでジグの引き抵抗が消えたり違和感を感じた瞬間にアワセ入れる感じ。

時合の波はあったものの最後までこのパターンで釣れ続けて楽しめました。

皆さんもコロナ感染予防に気を付けながらジギングを楽しみましょう。

沖の潮風は気持ちがいいですよ~。

 

ロッド:シャウト! セデュースSPJ近海用プロトタイプ
リール:シマノ オシアジガーNR2000、2000NRHG Fカスタム
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー 50lb
ジグ:ステイ130g、160g リアルイワシ、リアルサバ、ボーダーホロなど
フロント:ハードツインスパーク2/0 2cm
リアフック:ツインスパーク2/0 2cm

104412665_1360192820857204_1983821227160063980_o[1] 104776481_1363536237189529_6891659888183513967_o[2] 104839437_1360046990871787_700011421502813733_o[1] 105612118_1360383594171460_6171012202079069277_o[1]