釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > 中川 俊介 > 山口県岩国沖ライトキャストゲーム

中川 俊介

山口県岩国沖ライトキャストゲーム2019.11.20掲載

撮影日は異なりますが釣果UP!

毎年恒例ですが今年も広島や山口県岩国沖へカタクチイワシが接岸し青物のキャストゲームが最盛期を迎えてます!
今年のベイトは小型で4~5cmくらいのカタクチイワシの幼魚なのでシルエットの小さな30~40gのタングステンジグや小型でボリュームのあるMegabassマキッパ30gなどに高反応している状態です。
30~40gをキャストし水深30m前後へ落とし着底からのノーアクション早巻きで誘っていく釣り!
ここで大切なのは30~40gの軽いジグ を30mの海底まで何度も何度も落とし込むのに抵抗少なく素早いフォールが絶対条件になります!もちろんドテラ流しもアリです!
ライトに感じられますが現在ボーンラッシュ1号をメインラインで使用してます。サワラだけで無くメジロやブリなども多く釣れる海域ですが1号で問題無くキャッチできてます!
細い強いが絶対条件の岩国ゲーム是非使用してみて下さい!

タックルデータTACKLE DATE
中川使用タックルデータ
ロッド:ツララ グリッサンド76
リール:シマノ ツインパワーXD5000XG
ライン:YGK ボーンラッシュ1号
リーダー:YGK キャストマンアブソーバー6号
ルアー:Megabass マキッパ30g

image1 image2 image3 image5