釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > 野崎 新 > 桧原湖で開催されたトーナメントでの使用ラインについてご紹介。

野崎 新

桧原湖で開催されたトーナメントでの使用ラインについてご紹介。2019.09.26掲載

皆さんこんにちは!
桧原湖を中心に活動している野崎新です。

先日開催されたトーナメントでの使用ラインについて紹介したいと思います。

まず、スモールマウスバスを釣るうえで欠かせなくなってくるのがライトラインを使用したダウンショットやライトキャロなどのフィネスになってきます。
僕が今回使用したのはオルトロスFCの2.5lb!
そこで気になるのが強度もそうですが、伸び感やラインその物の固さなどです!

僕自身柔らかすぎるラインが苦手で、フッキングが決まりにくかったり操作感が悪く感じてしまうのでオルトロスFCの適度な固さがスモールマウスバスを相手にしたフィネスにもピッタリでした!!

この時期の桧原湖では水深8m~10mくらいを軽いシンカーで狙う事が多く、操作感をあげる為に必然的にラインは細くなってきます。それなのにロックエリアも多いため摩耗にも強いラインが求められる、、、
そんな矛盾にも対応出来るのがオルトロスFCだと思っています!

試合中もラインブレイクはもちろんゼロ!!

そしてもう1種類この試合で活躍したラインが【沈むPE】オードラゴン0.4号!
先ほども記載しましたが、10mのディープを狙うのにオルトロスFC同様に欠かせなくなってくるのが細番手のPEラインです!
今回はボリュームのあるワームをライトキャロで使用する為にオードラゴンを使用しました。
遠く深い所でボリュームのあるワームを確実にフッキングするには伸びの少ないPEラインもすごくアリです!
他にもメリットはいくつもあって、高感度なのでハードボトムでのシンカーのスタックをかわしやすかったり、そもそもの強度が高いので安心感のあるやり取りが出来たりと良いこと尽くしです!

今回はオルトロスFCとオードラゴンの細番手を使ったフィネスについて紹介しましたが、まだまだ色々な釣り方でラインを使い分けスモールマウスバスを狙う術がありますので今後ご紹介していきたいと思います。

DSC_1962