釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > チーム剛樹 > チーム剛樹 山口信太郎氏

チーム剛樹

チーム剛樹 山口信太郎氏2019.08.19掲載

コマセ釣りが解禁してなかなかまだ魚も餌に夢中でオキアミには反応してくれない中なんとか一本31.5キロ取りました。

私はYGKよつあみパワーハンター10号をビーストマスター6000に巻いて愛用してます。色が見やすく一色10mもそうですが1メートル単位での糸の印の明確な誘いが可能です、この時期もそうですが船の上では朝日などで水面の照り返しで道糸が見づらい時でもパワーハンターはかなり見やすく気にっています、上からの棚取りの釣り物にはかなり使い良いです。当然底の釣り物でもオモリついてからも1mづつ明確な棚取り出来ますね

10日の釣行の話に戻ります

朝からナブラ発生するも魚が潜ってしまったりで中々追っ掛けて出来る反応がなく9時過ぎにようやく大きな反応に遭遇、何回か追っ掛けて船の下に反応通ればカツオ混じりキメジも上がって来るなんて光景が船上でありました、そんな中一本目のアタリが!合わせた瞬間から横っ走りしてしまい、船団の中では隣の船とのお祭りもあるので、パワーハンター10号強度には信頼してるのでフルドラグでブレーキ!何とか隣の船かわして止まり。やり取り開始しましたがセカンドランで針が持ちませんでした…

気を取り直し何投かしてるうちに

もう一回アタリが!合わせからの真下に走ってくれて、これはもう取れると確信、ハリスももちろんPE ラインパワーハンター信頼してるので最初から強気のドラグ、50ちょい走って止まってくれて二回目のやり取り開始、残り30mで魚が嫌嫌してるのが分かり上がって来ません…するとセカンドラン30位走って止まってくれました、ここからはもう更にドラグ締め込み竿、PE、ハリス全てのパワーで浮かせて来ましたね、無事に取り込み一安心。

20190812_190812_0004 20190812_190812_0003 20190812_190812_0001 20190812_190812_0002