釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > 矢野 勝彦 > 2019年度キス投げ釣り選手権大会

矢野 勝彦

2019年度キス投げ釣り選手権大会2019.07.26掲載

 まず初めに、公私共にお世話になった(株)ワイ・ジー・ケー前社長に、心より追悼の意を捧げお悔やみ申し上げます。糸(ライン)について全く無知だった私にも紳士的に接してくださり、0.3号のPEラインが初めて完成した時の自慢に満ち溢れた笑顔は今でも忘れません。まだまだやり残したことが沢山あったとは思いますが、どうか安らかに。

 

 

今回のレポートは、徳島サーフキャスティング協会の、2019年度キス投げ釣り選手権大会に参加した時の模様をお届けします。この大会は、キス一匹長寸での順位と、総重量での順位を合計し、数値の低い者が優勝と言う、正にキスの総合格闘技的な大会となっております。一匹長寸を狙う参加者も居れば、とにかく匹数を釣って、総重量を狙う人も居ます。私は、時間を分けて場所を選定し、長寸・匹数・他魚の全てを狙って釣行致しました。

あいにく台風の影響による強風と、場所によっては大雨洪水に見舞われ、天気は最悪でした。

開始時刻である、前日の午後六時より旧吉野川での数釣り狙いで釣りを開始しましたが、前からの強風に煽られ、立っても居られないような状況です。それでも15~18cmと型揃いのキスが15匹ほど釣れましたが、根性なく場所移動。午後8時からは今切れ川での他魚狙いで40cmオーバーのキビレを目指します。一時間ほどで2匹釣り上げましたが、40cmには届きませんでした。10時30分まで粘ったのですが、大型のエイに体力を奪われただけ。キスの本命である椿泊へと車を走らせます。途中、大阪から参加の森本君と合流し、ちょうど午前零時に到着し、思い思いのポイントへ入りました。私は、置き竿用の竿を3本準備し、釣りを開始しますが、投げ込む度にアタリがあり、14~18cmのキスが3本針に連で釣れて来ます。途中、竿尻を持ち上げるアタリで釣れて来たのは、27cmはあろうかと思う大キスでした。その後も25cmを含み30匹ほど追加し、3本目の竿が準備出来たのは開始後1時間以上経ってからでした。アタリも少なくなってきたので、状況の良さそうな朝まずめの為に二時間ほど仮眠をとる事にします。夜明け前の4時30分に目覚ましをセットし、暑苦しい車内で爆睡です。目覚めも良く、薄暗い状況の中にて釣りを再開。しかし、魚さんからの返事はなく、エサも取られない状況が続きます。午前六時を超えたので、向かい側に居る仲間に問い合わせると、同じような状況だとの事、ここで思い切って最後の数釣り場へと場所移動します。

移動した先は、小松島にある海岸。あまり知られてない海岸ですが、当たれば爆釣の予感です。到着して海岸を覗くと、既に別の参加者が釣りを開始しており、結構な数を上げている様子です。(総重量では2800gを釣られ、この方がトップでした)

仲間と海岸へ出て、釣りを開始し13~17cmのキスをパラパラ追加して行きます。雨も降って来て、時折ドシャ降りとなりながらも気持ちを奮い立たせ頑張ります。時間も10時となり、審査会場近くへ移動し新町川で竿を出します。ここでも数匹追加し、少しでも重量が伸びる事を祈ります。

早めに審査会場へ帰着し、計量を済ませます。一匹長寸が、26.3cm・総重量は、1,865gでした。他魚で審査したキビレは、38cm。やはり悪天候のせいか、全体的に総重量が伸びてない様な印象を受けます。

いよいよ表彰式になり、協会長の挨拶が始まります。表彰式で一番初めに名前が呼ばれたのは、なんと私。長寸の部で3位・重量の部で5位。合計8ポイントでの優勝となりました。最後まで諦めずに、一匹のキスを追い求めた結果が繁栄されてとても嬉しい選手権となりました。

タックルデータTACKLE DATE
今回使用したタックルは、MOPE モーリー投げPE0.8~1.0号、アタッチメントテーパー(レッド)2号~12号、ハリススペシャルフロロカーボン1.0~2.5号。オモリは影山産業の連20~23号。竿は、がま投げバトルサーフ33号430と、クイックサーフⅡ25号を使用。