釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > 菊池 雄一 > 激アツ ひとつテンヤ真鯛ゲーム

菊池 雄一

激アツ ひとつテンヤ真鯛ゲーム2019.07.08掲載

YGKスタッフの菊池です。
今回は発売になったばかりの新作PE 鯛ラバーカスタムPEボーンラッシュWX8
を使用してみたく瀬戸内海にひとつテンヤ真鯛ゲームに出かけてきました。
 
鯛ラバーカスタムPEボーンラッシュWX8は、YGK社PEの中でも
「均質の編み込み密度」と「耐摩耗性強化」とうたわれるPEラインのようです。

先日、出かけた釣行ではこのPEライン0.6号にウルトラハリスFC船3号のリーダーで
かつシャローポイントで楽しんできました。

結果からもうしますと20mラインで72cmのアフター回復の真鯛を釣りあげることが
できました!!!
同じナナマルの真鯛でも、これからの産卵を終えた個体、シャローとなれば引きは
強烈です。

イメージとしては掛けて7mジャー、少し巻いてまた7mジャーの繰り返しです。
私のスタイルはドラグ設定はきつめですが、それでも最高の引きでしたね。

実際、やり取り中に同船の方とおまつりになりラインが擦れるシーンがありましたが
ブレイクせずにあがってきてくれました。

私の中では0.8号0.6号の強度面の違いはかなりのものと想像していたのですが、
この魚を取れたことで0.6号PEが自身の真鯛ゲームにおいて今後のスタンダートに
しようかなと考える出来事になりました。

また、間もなく発売されますハヤブサのNEWひとつテンヤシリーズも最強オススメでございます。
こちらも重ねて、よろしくお願い致します。

ひとつテンヤでのアドバイスと書かせて頂けるなら
①エサの正確、丁寧な付け方
②テンヤをリフトしてからのフォール時に最大限の集中を
③アタリと感じれば迷わずフッキングに
等々です。

ご参考にしてくださいませ。

1562032534221 1562032546618 1562044997756