釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > 浅井 勲 > 春の大型アオリイカ

浅井 勲EGING Field Tester

春の大型アオリイカ2019.05.14掲載

こんにちは、YGKフィールドテスターの浅井です。

今回は西伊豆エリアで春の大型アオリイカ狙いの釣行をレポートさせて頂きます。

前週までは藻場でイカの姿は確認出来なかったので、狙うポイントを潮通しが良く水深のある場所を中心に狙ってましたが・・・今回は朝一の藻場チェックでアオリの姿を確認出来たので、狙うポイントをシャローエリアの藻場に切り替え狙ってみる事にした。

ポイントはワンド状になった漁港の奥まったエリア。

普段なら見落としてスルーしてしまう小場所だが藻が良い感じ茂っているので偏光グラス越しにジックリと観察していると見えイカを発見。

さっそく試しにエギをトレースしてみるがイカは無反応。

しばらくイカの動きを観察してみるが、すでにスポーニングに入っているようでエギには無関心。

無反応どころかエギを見ると逃げていってしまう。

このような状態になったイカを釣るには厳しいので小移動して産卵行動直前の

ヤル気のあるイカを狙ってみることにした。

先ほどの場所に比べ藻が少なく水深があるワンドの入り口のようなオープンエリアであるが、

ボトム付近では藻が絡んでくるのでフォール時の誘いがシビアなポイントでもある。

キャストして竿を立てエギにテンションをかけてエギの沈下スピードを極力遅くしながら誘っていくとボトム付近で・・・「コンッ」。アタリ?が出たのでスイープかつ鋭く合わせを入れるとズシリとした重み、次の瞬間、強烈なジェット噴射が糸を通し伝わってきた。

藻をかわしながら慎重にやり取りして上がってきたのは2360gのアオリであった。

今回使用したラインの視認性と強度があれば、今まで敬遠しがちであった藻場の攻略も可能となる。

これから本番となる伊豆エリア。藻の成長とともに更なる大型が狙えるシーズンに突入するので楽しみです。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:カンジインターナショナル/EX-80 POWER TRAIN
リール:ダイワ/セルテート3000
ライン:YGK/G-SOUL upgrade 0.6号(150m)
リーダー:YGK/G-SOUL high grade shore LEADER FC HARD 3号
ルアー:カンジインターナショナル/プロスペック4寸

IMG_4267 IMG_4270 IMG_4287