釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > 上原 和彦 > ジギングでヒラマサ19kg

上原 和彦

ジギングでヒラマサ19kg2019.04.17掲載

4月6日.7日

平戸の一栄丸にヒラマサを求めて行きました。

まずは近場でジギングとキャスティング。

しかしダメだったんで白瀬まで大移動。

ポイントに到着するが潮がない。

それでも落とす。水深108m。

着底後5シャクリでフワッと違和感。そのままシャクリ10シャクリ程でリズムを変えたらドンっ。

ドラグが滑ってラインが出た。

指でスプールを少し押さえ、ロッドを曲げて負荷を追加するがラインが出る。

とにかく巻く。

巻けなくても巻く努力だけは休まず続けた。

そしたら走りが止まり少し浮いてきた。しかしそれでもまたラインが少し出る。

そんなこんなを3回程繰り返したら徐々にではあるが魚が上がってきた。

中盤・終盤は針ハズレに注意してロッドの曲がりを保ち丁寧にファイト。

サイズは疑心暗鬼。

ラインは出るがスムーズすぎる。

巻きがいつもより楽すぎる。

ただのドラグ設定ミスの勘違い?

そうこうしていると5分程で水面にドワっと魚が浮いてきた。

それは19kgのヒラマサでした。

初期ドラグ負荷は直線で13kg。

オッズポートの4号とはいえ切れなくてホッとしました。

私の目標は10kgUPのヒラマサを1年間にジギングで一本は釣るです。

今年も目標達成で18年間続けています。

これが私の自慢で原動力です。

今回使用したマーフィックスはカンパチ用に最近購入して、この魚が初使用の初落としでした。

釣行前に未使用のままアース フィールド フィッシングさんにカーボン ナノ チューブのコーティングを施してもらい、ミゾハン 11cmのハンドルを装着した大人の道具。

このコーティングとミゾハン11cmが意外にも楽だったファイトの要因だったと感じました。

その後は白瀬に張り付いて時合い待ち。

もちろん予想通りの16:00に時合いが到来してヒラマサが30本程釣れました。

二日目は白瀬・西沖・コシキ・生月と周り、ポツポツと拾う釣り。

それでも6~8kgのヒラマサが10本程は釣れました。

あらためて今回はポイント選択の難しさを実感した釣行でした。

忠史船長

私に大きいヒラマサを釣らせてくれてありがとうございました。

ナイスなポイント選択とひらめきにねばり、脱帽しています。

今回もオッズポートの強さに助けられました。

くれぐれもドラグ設定は計画的に行いましょう。

タックルデータTACKLE DATE
ヒラマサ19kgのタックル

ロッド MULTI FLOW ZERO-3

リール Marfix N4-RH

ハンドル ミゾハン 11cm

ジク ガタースリム 210g

ライン オッズポート 4号

リーダー ガリスFCスリム&

ストロング 66LB

フック ジガー ミディアム チェイス 11/0にALGON ASSIST 30号




初期ドラグ設定は直線で13kg

1555317552707 1555317557077 1555317574513 1555317569933 1555317565263 1555317583207 1555317578745 1555317587400 1555317536618 1555317549438 1555317546049 1555317543545 1555317540860