釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGK

中川 俊介

秋田水ダコ釣行2019.04.11掲載

今年も秋田まで水ダコを狙い釣行してきました。
今回は昨年も同船した怪魚ハンター半澤聖也君と生物ライター平坂寛くん、何度も秋田に通い僕と同じく30kgオーバーを狙い続けるハンターである。
低気圧のせいで天候も荒れヒョウが降る日も!シーズン終盤で水ダコもスレ派手なルアーには反応もない状態!
ルアーのカラーはウォーターメロン系を軸にし餌も使いました。
シーズン初旬の高活性水ダコならルアーだけでも大丈夫ですが終盤のスレた水ダコの口元までフックを持って行こうと思うと餌(秋刀魚)が良い印象を受けました。
秋田の水ダコ釣行ではPE20号を使いますがラインによっては伸びの出るPEもあるので伸びの少ないパワーハンターをオススメします!今回もタコの伸びを感じタコに張り付かれる事もなく確実にキャッチする事ができました。
ラインが伸びるとタコか地面かわかりづらくラインを引っ張りながら確認してる間に張り付かれゲームオーバー!ロッド&リールもそうですが僕はラインが1番重要な釣りだと思います。
今年もモンスターは現れませんでしたが辛い釣りでも笑い楽しめる仲間達と今年も釣行できた事に感謝!「また来年もここで会おうね!」と皆が声を揃え、また来年に向け1つ楽しみが増えました。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:MonsterKiss DearMonster MX-∞
リール:シマノ オシアジガー1500PG
ハンドル:LIVRE BJ75-83
ライン:YGK パワーハンター20号
ルアー:ワンナック販売 デビルクラッカーMEGA

image2 image3 image4 image5 image6