釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > 中川 俊介 > 広島三原沖ボートオクトパスゲーム(寒蛸)

中川 俊介

広島三原沖ボートオクトパスゲーム(寒蛸)2019.01.21掲載

今回は竹原から出船される清太郎丸さんで釣行する事になりました。
1月中旬と寒蛸のハイシーズンでは無いですが出船していただき感謝感謝!
ポイントは夏のハイシーズンと変わらず浅場から深場までタコを確認、アタリの出かたもスローでは無く勢い良く覆い被さってくる明確なバイトでした!
夏のハイシーズンと違うのはとにかくタコがデカイ‼️個体数が少ないのでハイシーズンみたいに数は伸びませんが自身も1.6kg頭に5匹キャッチと大満足な釣行となりました。
ここ数年広島沖のマダコゲームも人気になり夏になると多くのアングラーで賑わってます!
広島の三原や尾道沖は基本が岩礁帯での釣りとなります!最近では県外から遊びに来られるアングラーも増えライトなタコタックルの持ち込みも多いと耳にしております。
ロッド&リールは別として最低でもPEは4号〜をオススメします!
PE4号でも多いかたでルアー&テンヤを10セット以上ロストする事もある海域なので三原で釣行される時はPE4号〜で宜しくお願いします!

タックルデータTACKLE DATE
ロッド: タカミテクノス61(プロト)
リール:カルカッタコンクエスト300
ハンドル:LIVRE クランク120
ライン:ygkYGK オッズポート4号
リーダー:ygkYGK ビットリーダー20号

image2 image3 image4 image5 image6