和歌山でのヒラスズキ&エギングレポート | 釣り糸 | フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > 濱田 睦 > 和歌山でのヒラスズキ&エギングレポート

濱田 睦OTHERS UOYA Staff

和歌山でのヒラスズキ&エギングレポート2009.01.20掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト初めまして。裏フィールドテスターの濱田です。

今回、和歌山でのヒラスズキとエギング釣行をレポートさせていただきます。

年初め早々、幸先よくヒラスズキを釣りあげ、満足していたのですが、今回は1月10日の釣行、予報とはウラハラに風が強く波があり、本来エギングのつもりで来たのですが、海を見るたびに心の中はヒラモード満開。

とりあえず風裏を探しエギングをするも潮も動かず全くアタリなし・・・
磯場に場所移動してシャクるもアタリなし・・・
水温が2℃ほど下がったせいか本命のポイントでもダメでした。

そこで気を取り直して大きく移動。
朝一番に入りたかったポイントは波が高かったんですが、昼を過ぎたあたりからだんだんと落ちつき初め、 ちょうど夕方の時合と相まってヒラスズキのベストタイム到来!

ポイントに入ると、まだ風が残ってやりにくかったのですが、G-soul SS112(シンキングPE)を使うと なんとかポイントまで投げ入れることができると判断。

潮が流れているので、ベイトが流れてきそうなピンにルアーを流した瞬間

ガッツ~ンとひったくるようなアタリ。

YGK UOYA フィールドテスター フォトと同時に2度、3度と追いアワセを入れるもすぐにラインを出され、下へ下へと突っ込まれましたが、8本組ハイブリットPEラインのG-soul SS112とスーパーブロン素材のガリスキャストマンアブソーバーを信じて強引に足場のいい所までまわし、なんとかランディングに成功。

計測してみると86cm7Kg弱のビックワン!!

年始早々にうれしい大物を獲ることができました。

今回のような横風を受け、ラインスラッグが出やすい状況の時はシンキングPEを使うことで狙い通りのピンスポットにルアーを流すことができ、リーダーにはナイロン素材より無結節伸度の高いスーパーブロン素材のガリスキャストマンアブソーバーを使うことで、魚のパワーを吸収し、結節部分への負担を大きく軽減しながらランディングポイントへ強引に誘導することができたのだと改めて実感しました。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:FCLLABO11f
リール:モアザンブランジーノ3000
ライン:G-soul SS112 20lb
リーダー:ガリスキャストマンアブソーバー40lb
ルアー:ダイワ ショアラインシャイナーR50