2月釣行レポート | 釣り糸 | フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > 三石 忍 > 2月釣行レポート

三石 忍沖釣 Field Tester

2月釣行レポート2012.02.24掲載

寒い日が続きますが、皆さん元気に釣りしていらっしゃいますか?
風邪には気をつけて釣行して下さいね。
2月21日、大原港より一つテンヤマダイに釣行してきました。
連日の寒さが嘘の様に暖かく凪で絶好の釣り日和で嬉しい限り、
何時もなら、悴む手で少々大変なライン接続も、暖かなこの日は、
指先もスムーズに動きwx8 0.8号にフロロ2号を接続しセッティング完了!
出船し30分程でポイントに到着!実釣開始、水深40~60メートル、0.8ノット
いい感じに潮も流れ早々に良型ホウボウを始め、ハナダイなどのゲストが楽しませてくれますが、
潮色が澄み徐々に40センチオーバーの大型ウマズラハギの猛追!
モーモーパラダイスになってしまつたので、ポイント移動!
小型中心ですが、船中次々にマダイが上がり、私もゲットしました。
しかし、私の元には可愛らしいマダイさんばかり・・・と思い気や、いきなり強烈なアタリでドラグが走りました。
40メートル程走り止まってくれたので、やり取り開始!巻き上げては1キロのドラグが出され
巻き上げては出されを繰り返し、ラインが強いので安心しての巻上げでしたが青物のパワーは強烈で
一生懸命巻きました!154センチの小さな私、頑張りました!
じょじょに魚が弱り巻き上げられるようになり、リーダーが見えた時嬉しかった!きた~!って感じ。
そして姿を現したのは見事なワラサ、4.1キロありました。
こう言った、釣りをした時に何時も痛感するのがwx8のライン強度の素晴らしさ、
低身長&非力な私でも安心してやり取り出来るのはwx8の御蔭なの。
そして、その晩は、脂の乗ったワラサで刺身、しゃぶしゃぶを堪能しました。
スペシャルゲストのワラサ君に昼夜と楽しませてもらった私なのでした。

タックルデータTACKLE DATE
・ライン:ウルトラダイニーマWX8 0.8号
・タックル がま船 一つテンヤ真鯛250MH
「こちらについては、一つテンヤ専用竿でも結構です」
・ハリス  フロロ2号
・テンヤ  8号 10号