2009甑遠征 | 釣り糸 | フィッシングラインの総合メーカー YGK

下邨 宏高EGING Field Tester

2009甑遠征2009.01.06掲載

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
遅ればせながら初リポートさせていただきます、下邨宏高と申します。普段は和歌山・南紀をベースにエギング中心のソルトゲームを楽しんでおります。
年末年始は日ノ岬レンジャー隊(通称青シャツ)総動員で鹿児島・甑島へエギング+αの遠征に行ってまいりました。実は昨年も甑島遠征を行っており、極寒と暴風でほとんど釣りができずにキロクラスのアオリがポロポロという釣果に終わっていました。というわけで今回はリベンジ戦ということになるはずでした…。

しかしながら昨年と同じく全国的な寒波の到来と重なって北西風が吹き荒れ、道路沿いに設置してある風速計も20メートルを表示していたり、釣りをまともにできる状態ではありませんでした。それでも日レ隊の5人の知恵と勇気!?をもってすれば、なんとか結果は出ました!

北西風対策として「風を背に受ける」「あるいはアゲンスト!」という単純な作戦で、どうしてもエギングというのはPEラインを使っての釣りとなるので、横からの風というのが一番釣りにくく、またアタリを取りにくい状況となります。可能な限りPEを細くして風の抵抗を少しでも減らすというのも基本となります。(今回は0.8号でした)
ということで結果の方は…昨年とあまり変わらずキロクラスがポロポロ…。風を避けつつ上甑~中甑間を回ってみましたがリベンジ達成!というわけにはいかなかったです。大晦日の日没後にプチラッシュがあり1.5キロクラスをランディングをミスしてしまいポチャン。これがおそらく今回の最大でした。

ここ甑島はアオリ以外に、エギングタックルで狙える獲物も多い。今回の裏目的は「ハタ系」を釣ることでした。20~30g程度のメタルジグや鯛ラバを駆使して、30cmクラスのスジアラやオオモンハタの数釣りを楽しめました。
私はこんな感じで2008年と2009年の境目を過ごしました。時間と予算があれば、仲間と遠征するのは非日常的で楽しいですヨ。