南紀・すさみ~串本でのナイトエギング | 釣り糸 | フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > 下邨 宏高 > 南紀・すさみ~串本でのナイトエギング

下邨 宏高EGING Field Tester

南紀・すさみ~串本でのナイトエギング2010.01.30掲載

フィッシングショーOSAKAの前週末、南紀・すさみ~串本でのナイトエギングに行ってきました。基本的にナイトはしない私ですが、直前情報で3キロから4キロまでの複数釣果あり、というとんでもない話が舞い込んできていたので、いてもたってもいられなくなり、このナイト釣行となりました。

まずはすさみの地磯へ、潮が下げ止まる前にエントリー。かなりのシャローエリアでしたが、前日には3キロも出ていたポイントでした。
しかし厚い目の雲が空を覆っており、ムーンライトパワーの期待も薄れ、なんの反応もなく時間だけが過ぎていました。

そして潮が上げはじめの時、キャストし続けていた沖向きを諦め、内向きの磯と磯の間の狭いキャストコースを狙いに。すぐにエギが着底してしまうようなドシャローだったが、ボトムでステイさせていると「ムギュ」っというアタリ。アワセを入れ、やりとりして上がってきたのは800gぐらいのまずまずのサイズ。
昨日は3キロで今日は800gで納得いくはずがなく続けてキャスト。すぐに答えは出た。

ジャーク後、先ほどと同じくボトムステイ。またまた抑え込むようなアタリに間髪入れず思い切りフッキング!久し振りのデカイカのトルク感!ドラグを緩めデカイカの走りを堪能しつつ、浮かせて寄せて無事ランディング。
3キロには及ばなかったけど、軽く2キロは超えてました。昨年は結局2キロの壁を越えることができなかったので、とても嬉しくエキサイトしました。
このあと、串本の地磯でも2キロクラスを1杯キャッチでき、眠い思いもしたけどいい思い出になりました。次はぜひデイで釣りたいですね。

タックルデータTACKLE DATE
タックル】
ロッド:バイオレンスジャーク7.8f S-motion (ガンクラフト)
リール:07ステラ 4000(シマノ)
ライン:G-soul WX8 1号 160m (YGK)
リーダー:Geso-Xフロロリーダー 3号 (YGK)
ヒットエギ:すさみ : 餌木邪4号 伊佐木 (ガンクラフト)
   串本 : 餌木邪4号 将軍レッド(ガンクラフト)