串本でのアオリイカ釣り | 釣り糸 | フィッシングラインの総合メーカー YGK

HOME > フィールドテスター > 下邨 宏高 > 串本でのアオリイカ釣り

下邨 宏高EGING Field Tester

串本でのアオリイカ釣り2010.09.02掲載

ご無沙汰しております、下邨です。先月のことになってしまいましたが、7月24、25日と久しぶりの串本へ行ってまいりました。
24日に青シャツYGKメイトの浅井氏と現地で合流したのですが、あまりの暑さのため、灼熱の磯歩きはやめ、なんとなく涼しげ(?)なキス釣りに高じてしまい、一日を終えてしまいました…。

そして翌25日遅朝(笑)、浅井氏と、昨晩合流した日レ隊の武宮氏、西村氏とともに紀伊大島外海に面する地磯へエントリー。
やっぱり暑い!っていうかヤバい!朝8時はすでに灼熱!
海の感じは、緑系の水色でもうひとつな印象だったが、キャスト開始早々、浅井氏が秋サイズをキャッチ。よしよし、順調に育っているようだ。

あとに続くぞと、ワンドの入り口ど真ん中にあるシモリ目掛けてキャスト。ボトムをとっていつもの“改”でパキュンパキュン。2セット程したのちのテンションフォールで、ムギュンと持っていくアタリ。ガッツリとフッキングを決めるとなかなかな重量感。しばしのファイト後、「ギャフプリーズ。」の雄叫びに駆けつけてくれた武宮氏がナイスギャフィング!

なんとも、2キロ近い赤系のメスイカでした。おそらく私のメスイカ記録だと思います。春イカまだいてくれたのね。
ふぅ~、しっかし暑い!暑さで集中力が持続するわけありません。持参水分は各自500ml。車からは結構離れてきてしまっているため、水分補給のペース配分が余計なプレッシャーになってしまい、飲みたいけど飲むと無くなるし、飲まないと倒れちゃうし…。ということで全員限界を感じ、そそくさと磯を上がり、古座川へと川遊びに向かったのでした。

タックルデータTACKLE DATE
【浅井タックル】
ロッド:カンジインターナショナル CN-85 SJ-custom
エギ:カンジインターナショナル プロスペック3.5号
リール:ダイワ イグジスト2500
PE:YGK GALIS ウルトラ GesoX WX8 0.8号
リーダー:YGK GPZ 3号
【下邨タックル】
ロッド:ガンクラフト バイオレンスジャーク78 S-motion
エギ:ガンクラフト 魚邪3.5号
リール:シマノ ステラ4000S
PE:YGK GALIS ウルトラ GesoX WX8 0.8号
リーダー:YGK ニトロン GesoXフロロリーダー3号